FP SG結成12

 

「家族信託とこれからの相続問題〜他人事ではなくなってきた〜」と題して、司法書士の上木拓郎氏からお話いただきました。

 

f:id:fpglobal:20211118210920j:image


8,489,000=2018年の空き家の数、空き家率13.6%

不動産登記簿により所有者が直ちに判明しない、所有者の所在が不明で連絡がつかないなどの理由により、相続登記の義務化が予定されているとのこと。

法定相続分による相続登記、相続人申告登記、相続土地国庫帰属制度=土地を手放す制度(原野20万円、宅地80万円)などを説明いただきました。

相続相談の傾向として、空き家対策特措法の施行以降、名義変更がされていない不動産に関する問い合わせが増加中とのことで、2つのケースについてお話いただきました。

ケース1、役所から突然通知が来る

相続放棄は、自分が相続人である事を知った時から3ヶ月以内でOK

ケース2、父が健在の間に不動産名義変更したい

兄弟から遺産分割協議書捺印、兄弟が亡くなっている場合はその子から

独身高齢者の終活の相談が増えているそうです。

法定後見制度の件数が伸びていない、その理由ですが、

・後見人は制度利用者(高齢者)の財産が減少するリスクがある行為はできない

・身内の方が後見人に選ばれるケースが減少している

・後見人への定額報酬の負担(年間40〜70万円)

などが考えられます。

そこで考えられるのが家族信託です。

信託財産を選び、契約内容に沿って管理、運用、処分します。

法定後見制度と違い、家庭裁判所への申し立ては不要で、財産管理をする人を身内から選べます。

事前に家族信託を済ませておくと、契約の内容により、

・信託財産は受託者のみで売却OK

・信託財産(不動産)の建て替えOK

・信託口座の預金から介護・医療費、施設費用などの支払いOK

不動産の所有権は、収益権、管理権、処分権に分解されますが、家族信託後は、委託者に収益権、受託者に管理権、処分権と分割されます。そのため、委託者がその後に認知症となっても、受託者が処分権を行使することには影響しないそうです。

また、収益権が移転するタイミングまで贈与税はかかりません。

家族信託がおすすめできる家族として、①親の現預金と年金だけでは先々が不安②面倒を見てくれている息子夫婦に子供がいない③認知症の奥さん、精神疾患があるお子さんがいる、などが考えられるとのことです。

空き家問題から法定後見、家族信託まで広くお話いただき、大変参考になりました。

中小企業診断士二次試験

 

中小企業診断士二次試験を受験しました。会場は池袋の立教大学でした。コロナ禍での受験ですが、席の間隔は広く、受験環境は良かったです。

f:id:fpglobal:20211107212114j:image

 

事例Ⅰ 組織・人事

問1 ファブレス化を行なった理由

問2 デザイン部門の統括を任せた理由

問3 事業ドメイン拡大の利点と欠点

問4 外部企業との関係

問5 全社経営の課題と解決策

非常に難しかった印象がありますが、40点は確保したいところです。

 

事例Ⅱ マーケティング・流通

問1 SWOT分析

問2 ネット販売のターゲットと商品、販売方法

問3 フランチャイズ移動販売の取り組み

問4 新規事業の製品・コミュニケーション戦略

書きやすい問題が多く60点以上は確保したいです。

 

事例Ⅲ 生産・技術

問1 強みと弱み

問2 受託生産製造工程効率化の課題と対応策

問3 自社ブランド製品企画・生産面の課題

問4 直営店事業の方針の選択

書きやすい問題が多く60点以上は確保したいです。

 

事例Ⅳ 財務・会計

問1 経営分析

問2 取替投資

問3 CVP分析

問4 移動販売事業の継続の検討

取替投資が難しく、CVP分析も確実ではない印象です。40点は確保したいところです。

 

全体的に事例Ⅰ、Ⅳが難しく、事例Ⅱ、Ⅲは例年通りの難易度と感じました。

いずれの事例も40点を下回らないこと、平均60点を上回ることができたのか定かでなく、合格発表まで気が抜けない状況ではありますが、予備校の模範解答などをこれから見ていくことにします。

 

北区起業家育成プロジェクト~渋沢栄一翁の志を受け継ぐ~ 起業入門セミナー

 

掲題のオンラインセミナーに参加しました。

f:id:fpglobal:20211023094251j:image

■Withコロナ時代の起業・創業とは

起業するアイデアの見つけ方
ビジネスプランを具体化する方法
起業の準備
昨今の起業動向

などについて、有限会社テイクスペース 代表取締役 竹林 晋 氏よりお話いただきました。

米国の2020年法人設立申請は436万件に対して日本の2020年新設法人はわずか13万件。

業界天気図から見ると、飲食は居酒屋は厳しいがテイクアウト需要の牛丼店はやや良好。航空、鉄道は厳しい。インテリア、ドラッグストア、リサイクル、アウトドア用品、ペット用品は良好。教育、コンサルティングは好調。ホテル、ゴルフ場、レジャーは厳しい。

地元で観光・消費をする傾向が出てきており、マイクロツーリズムという考え方が注目されている。

プチ贅沢需要が増えている。コロナ禍で旅行や外食を抑える反面、巣ごもり需要で少し贅沢な食材が売れている。

昨今の起業動向として、衛生用品、EC販売、テイクアウトとデリバリーなどがキーワードとして挙げられる。

起業資金の調達は、日本政策金融公庫、クラウドファンディング補助金助成金(小規模事業者持続化プラン)など多様な選択肢がある。

ニッチな市場を見つけるために、J-statmap、RESUSなどのデータをもとに市場調査をすると良い。

https://www.e-stat.go.jp/help/view-on/map/about_gis

https://resas.go.jp/#/13/13101
中小企業診断士でもある講師の説明は大変参考になりました。

第1回北区起業家サロン

 

東京都北区産業振興課主催の起業家サロンにオンライン参加しました。

f:id:fpglobal:20210918102556j:image

 

第一部 トークセッション

越野充博氏(北区ビジネスプランコンテスト審査委員、東京商工会議所支部会長)、土屋明子氏(北区ビジネスプランコンテスト審査委員、PRアドバイザー)のトークセッション。

個性を生かす(強みの確認)。外部から期待される役割を考える(マーケティング)。役割を事業に結び付ける(事業化)。

この中で、誰に対して(顧客の確認)を考えるのが特に大事。一方、情報発信することで想定外の顧客から反応があることもある。共感を得られる発信が大事。

 

第二部 交流会

4〜5人のグループで2回のトークセッション。1回目はファイナンシャルプランナー宅建士などが参加され、話題の親和性が高かったです。2回目は実際に起業されている方がメイン、活用しているPR方法はYouTube、ホームページ、折り込みチラシなど人により様々。集客はブログやFacebookより、YouTube 、インスタグラム、TikTokなど短時間で動画、画像の情報を伝えられるメディアが良いとの意見もありました。

短い時間でしたが、様々な業種の方々の意見も伺えて大変参考になりました。

FP SG結成11

 

ファイナンシャルプランナースタディグループ、今年度2回目の勉強会は「シニア世代の住み方」と題して、グループメンバーのCFPからの講演。

講師は世界87ヵ国を訪問しており、移住問題などに詳しい。

 

f:id:fpglobal:20210915205323j:image

 

先ず日本の空き家問題について。

平成30年850万戸の空き家があり、その理由は人口減少・核家族化、供給過剰、高齢化・認知症増加、相続発生・登記不備、税制(住宅用地の減免措置)など様々。

空き家法の財政支援措置と税制措置、空き家バンクなどについても解説。

関連サイトもいくつか紹介いただいた。

空き家の仲介サイト https://www.akiya-athome.jp

移住の支援サイト https://www.iju-join.jp

R不動産 https://www.realkyotoestate.jp

 

DIY型賃貸借という借り手がDIY費用を負担する代わりに賃料が安くなるという制度があることを知りました。

リースバックは自宅を売却して、そのまま借りるという手法。

リバースモーゲージを扱う金融機関・企業は今や70社以上。一定のニーズがあるとのこと。リバースモーゲージとは、自宅を担保に生活資金を借入れし、自らの持ち家に継続して住み続け、借入人が死亡したときに担保となっていた不動産を処分し、借入金を返済する仕組みです。

 

移住希望地としては静岡の人気が高いそう。山梨、長野、福岡も人気の高いエリア。

交通会館にふるさと回帰支援センターがあり、日本全国各地の移住に関する資料が置かれているそう。

二地域居住のライフスタイルについても考えるきっかけになりました。

クラインガルテン=滞在型市民農園とは、小さな庭園とラウベと呼ばれる小さな一軒家を年間契約するスタイル。

 

シニア世代が地方で仕事を見つける方法は、地域おこし協力隊、一次産業、事業承継、起業、カフェ・民宿、高齢者サポート、ネット事業、リモートワーク、就職など多様な選択肢がある。

 

シニア世代に対する移住も含めた多様なライフスタイル提案の可能性を感じました。

FP学会

 

第22回FP学会にオンライン参加しました。

f:id:fpglobal:20210904114616j:image

一日で、金融庁長官、日銀前総裁のお話が聴ける貴重な機会でした。

 

中島淳一金融庁長官の講演

コロナへの対応として事業者ニーズに応じた資金繰り支援、デジタル化の推進として金融分野における業務・手続きの電子化、サステナブルファイナンスの推進としてグリーン国際金融センターの実現、資本市場の活性化としてコーポレートガバナンス改革の推進、顧客本意の業務運営として金融リテラシーの向上などについて触れていました。

銀行のシステム障害について、同じ障害を繰り返さないよう、原因究明と再発防止に取り組まなければならないとも話されていました。

 

白川方明日銀前総裁の講演

中央銀行の役割は、物価の安定と金融システムの安定である。2000年以降の生産年齢人口1人当たりのGDP成長率は先進国の中で最も高い。問題は日本の労働人口の減少であり、生産性を高める必要がある。

住宅を含めて見ると、日本の家計の保有資産に占める現預金の比率は高い訳ではない。現預金から株式などのリスク資産へという議論には違和感がある。

ファイナンシャルプランナーの役割については、情報収集には時間やコストがかかる、マクロの経済・金融環境の見方は専門家の間でも意見が大きく分かれる、個人の学習効果だけに期待することは難しい、などの側面からファイナンシャルプランナーが必要と話されていました。

 

田近栄治一橋大学名誉教授の講演

日本の財政の現状をコロナ以前の「平時」と「コロナ禍」の二面からお話されていました。
「平時」の財政では、「国の財政力」が弱まっており、その原因が増大を続ける社会保障関係費であること、社会保障給付費とその財源、医療・介護保険の仕組みを通じて、給付費が増大し、それにともない公費負担が自動的に増加していること、増大を続ける公費負担への対応として、「給付から公費への関係」を改めて「保険料と公費負担から医療給付費を自動的に調整する仕組み」が必要なことなどのお話がありました。

 

金融・財政分野の第一人者の講演をオンラインで拝聴できる大変有意義な学会でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中小企業診断士試験1

 

11月に中小企業診断士二次試験を受験予定ですので、準備を開始しました。

f:id:fpglobal:20210830184910j:image

今年は「30日でマスターできる中小企業診断士第2次試験解き方の黄金手順〈2021-2022年受験用〉 」を購入。

https://www.amazon.co.jp/dp/450239551X/ref=cm_sw_r_cp_api_glt_i_9C3WJDWDDB3M5XY9AGMW

「黄金会」という勉強会の紹介がありましたので、早速申し込みました。8月29日の第2回から参加。Zoomによるオンライン形式で過去問演習に取り組みます。蛍光ペンを駆使した手法ですので、慣れるのに時間はかかりそうですが、慣れれば解答の作業化ができそうです。

勉強会は第5回まで申し込んだので、引き続き過去問答練に注力します。