行政書士試験結果

昨年11月に受験した行政書士試験の結果が届きました。合格基準点180点に対して得点172点で、8点足らずで残念ながら不合格でした。

f:id:fpglobal:20240203094742j:image

各科目の得点/合格基準点/満点は以下の通りです。

法令 128/122/244 足切りセーフ

一般知識 44/24/56 足切りセーフ

一般知識は十分に得点できていますが、肝心の法令が弱く不合格という結果です。

法令の内訳(得点/満点)は以下になります。

5肢択一式 80/160 前回は88点で8点ダウン

多肢選択式 8/24 前回は14点で6点ダウン

記述式 40/60 前回は4点で大幅アップ

5肢択一式ができていないのは、法令知識が固まっていないためです。

5肢択一式の正解数/問題数は以下の通りです。

基礎法学 1/2

憲法 2/5

行政法 9/19

民法 6/9

商法 2/5

肝心要の行政法はもっと得点したいところ。民法、商法はまずまずでした。憲法は難しかったです。

多肢選択式は今回大分失点しました。ここができていれば合格したかもしれません。

記述式が大きく伸びたのが、うれしいポイントです。記述対応力に自信が持てるようになりました。

法令知識を高めて、今年の試験で捲土重来を期します。

行政書士試験研究センター発表の試験結果概要は以下の通りです。

受験者数46,991 人に対して合格者数6,571 人

合格率 13.98%

合格者平均得点 197 点

最年長合格者81歳、最年少合格者13歳というのは、いずれも驚きです。

簿記1級試験結果

11月に受験した簿記1級試験の結果をWebで確認しました。

f:id:fpglobal:20240109123410j:image

結果は66点(平均点49点)で不合格。合格点の70点まで4点足りませんでした。前回が51点でしたので、大幅に伸びました。税理士試験の簿記論の勉強と並行して学習を続けた甲斐があります。

得点内訳は、

商業簿記10/25(平均点6.8)

会計学12/25(平均点11.2)

工業簿記23/25(平均点17.5)

原価計算21/25(平均点13.5)

受験者1,587名、合格者280名、合格率17.6%

受験当日に記録した試験内容は以下でしたので、商業簿記会計学が出来なかったのは予想通り。工業簿記が自己採点では満点でしたが、実際は23点でした。

会計学は、記述問題と連結会計からの株主資本変動計算書の作成問題でした。一応、解答欄を埋めましたが、正答してるかどうか不明瞭です。

商業簿記は、定番の試算表からの損益計算書作成問題でした。ただ貸借対照表の数値を答えさせる問題もあり、財務諸表の全般的な理解が必要です。売価還元法で売上原価を求める箇所が正答できず、棚卸減耗費も出せなかったのが残念です。未着品の仕訳が正しくできず、全般的に商品関連で失点しました。

原価計算は、取替投資の正味現在価値を求める問題で、比較的回答しやすい論点でした。

工業簿記は、ロット別生産でロットごとの仕掛品、製品、販売品の流れが掴めれば高得点も狙える問題でした。途中の考え方に誤りが無ければ、受入材料価格差異、損益計算書の部分も含めて得点確保できたはずです。

野口悠紀雄氏講演

一橋大学名誉教授の野口悠紀雄氏より「日本経済のゆくえ 日銀はなぜ大規模緩和をやめないのか」と題して講演いただきました。

f:id:fpglobal:20231218121903j:image

1. 大規模金融緩和でマネーは増えなかった
国債大量購入により金利が低下したが、円安をもたらしただけで、マネーは増えなかった。
マネーが増えなかったので、金融緩和が効果を持つはずがない。
2. 円安が続く
2022年以降の大幅な円安は、日本が金利を上げないため。 企業の利益が自動的に増えるため、企業は生産性を上げる努力を失った。
3. 物価上昇が収まらない
いまの物価上昇は、円安による(海外インフレが原因ではなくなっている)
4. 国際収支の悪化
貿易サービス収支が傾向的に悪化している。
とくに問題は、資本財としての電気製品の赤字増大と、IT関連サービス収支の赤字増。
5. 春闘は画期的な賃上げか?
物価上昇を考えると、例年より低い。実質賃金は低下を続けている。
生産性が上昇しなければ、実質賃金は上昇しない。
6. 補助や金融緩和でなく、人材育成と生産性向上を
金利は、収益率の低い対象への投資を増やし、生産性を下げる。
円安は企業利益を安易に増加させるので、生産性を下げる。

日本の金融経済の現況が分かり、大変参考になりました。また今さらですが、野口氏の名著を手に取ろうと思います。

「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書) https://amzn.asia/d/aHG2FM4

鈴木貴博氏講演

著名な経済評論家の鈴木貴博氏の講演を拝聴しました。https://www.hyakunen.co.jp

f:id:fpglobal:20231207215333j:image

『日本GDP世界第4位転落―このまま落ちぶれる前に何をすべきか?』と題して内容は多岐にわたりました。

IMFによれば今年、日本はドイツに抜かれ世界GDPランキングの4位に転落する見込み。

・予測では2026年までにインドに抜かれることも確実。

・この先の新しい世界ランキングは、アメリカ、中国、ドイツ、インド、日本の序列に代わる。

・14億人の人口からなる中国やインドが日本を抜くことは仕方ないが、ドイツの人口は日本の3分の2で、ひとりあたりGDPでは日本はドイツのはるか下ということになる。

・「ひとりあたりGDP」で日本の国力を確認してみると、日本の地位は世界3位どころか大幅にその順位を下げていることがわかる。

・世界の国や地域を「ひとりあたりGDP」でグループ分けをすると、まず目立つのが第一位集団で、アメリカ、スイス、シンガポールカタールなどの国々がこの集団に入る。これらの国々はひとりあたりGDPが8万ドル(約1200万円)前後と世界経済の中で突出。その共通点は世界から投資が集まる国だという点。

・二位集団はドイツ、イギリス、カナダなどのほとんどのG7加盟国や、アジア太平洋地域ではオーストラリア、香港、UAEなどの国が入る集団。これらはひとりあたりGDP5万ドル(約750万円)前後の国や地域。経済が順調な国々というのがその共通点。

・第三位集団はひとりあたりGDP3.5万ドル(約525万円)前後の国や地域。日本はこのグループに入る。欧州ではイタリア、スペインが、アジアでは韓国、台湾がほぼ同じ集団に入る。集団の特色としてはかつて世界一だったが落日を迎えた元先進国と、新興国から先進国グループ入りを狙う国々がこの集団に入る。

・ひとりあたりGDPを増やすためには3つの手段がある。①ひとりあたりの生産性を上げること②国全体の投資を増やすこと③成長を妨げるボトルネックを除去すること。

・一人当たりの生産性を上げるためにはDXなどのイノベーションでひとりひとりの生産性を上げることがわかりやすい対策だが、女性の地位向上もポイント。

・欧州ではすでに90年代に男女差別をなくす視点から配偶者控除が廃止され、納税は世帯単位ではなく個人単位に変更されるルールに変わった。

・その結果、欧州では男女平等の意識強化、男性の育児参加進展、女性の社会進出、女性管理職の増加と地位向上をもたらした。

・日本で同じことがおきれば「106万円の壁」「130万円の壁」で抑え込まれていた女性の労働時間も解放されるはず。

・日本では、モビリティ分野での社会変革が遅れている。日本はEV不毛の地と呼ばれるほどEVの普及は進んでいないが、それだけではなく、ライドシェアも無人タクシーもグリーンエネルギーも同時にすべてのことが遅れている。

・日本経済が仮に、2030年前後までに凋落を始めていくとしたら、その引き金になる可能性があるリスクはふたつある。

・ひとつがエネルギー不足。脱炭素を進めるためにはEV化が必須だとすれば、日本の電力供給量は少なくとも今の1.2倍に増やす必要があるが、日本の火力発電所は老朽化が進み、むしろこれからどんどん発電能力は減少するリスクを抱えている。

・もうひとつのリスクは日銀ショック。仮に、円の信認がもう一段階悪い方に進んでしまったらどうなるか。計算上は1ドル=215円になった段階で、日本は第三集団から脱落して第四集団に墜ちる。その集団にいる国々はギリシャポーランドハンガリーウルグアイなど。

現在の日本の世界での位置付けと今後の展望を考える上で、大変参考になりました。

税理士試験結果

8月の真夏日に受験した第73回税理士試験の結果が届きました。

f:id:fpglobal:20231130204411j:image

簿記論は50点とまあまあでしたが、合格までまだ距離があります。簿記1級の成績が伸びて来ているので、並行して受験を続けたいです。

財務諸表論は55点とあと一息です。理論の理解が曖昧なことと計算が完璧ではないことが得点が伸びない理由と思います。理論暗記と計算の精度を高めることが課題です。

相続税法は21点。理論が書けないことと計算が時間内に終わらないことが、得点が伸びない原因です。理論の暗記徹底と計算の速度向上が課題です。

税理士試験合格の道のりは遠いですが、来年こそ1科目でも取りたいところです。

三和酒類訪問

大分県宇佐市三和酒類株式会社を訪問しました。

f:id:fpglobal:20231120091534j:image

おなじみの麦焼酎いいちこ」をはじめとして、清酒・ワイン・ブランデー・リキュール・スピリッツなどを幅広く手がける総合醸造企業です。

1958年9月設立
3つの酒蔵が共同で始めたことから「三和」を社名としています。(後に4つ目の酒蔵が参画)

当初は日本酒のみ製造していましたが、次いでワイン、その後に焼酎と商品展開したことは初耳でした。

「辛島虚空乃蔵」では日本酒、「安心院葡萄酒工房」ではワインに関する展示をしていて、安心院ワインの試飲もできました。これら施設は、見学、イベントなどに開放していて、地域とのつながりにも貢献しています。

f:id:fpglobal:20231120093834j:image

f:id:fpglobal:20231120094126j:image

商品ラインナップ、製造工程、仕入れと販売、社員数と組織、売上高、競合他社、事業展開の施策など、いろいろとお話を伺うことができ、中小企業診断士として非常に良い経験になりました。

簿記1級試験

第165回簿記1級試験を受験しました。

f:id:fpglobal:20231119161451j:image

前半の商業簿記会計学ですが、今回は取っ付きやすそうな会計学から解きました。

会計学は、記述問題と連結会計からの株主資本変動計算書の作成問題でした。一応、解答欄を埋めましたが、正答してるかどうか不明瞭です。

商業簿記は、定番の試算表からの損益計算書作成問題でした。ただ貸借対照表の数値を答えさせる問題もあり、財務諸表の全般的な理解が必要です。売価還元法で売上原価を求める箇所が正答できず、棚卸減耗費も出せなかったのが残念です。未着品の仕訳が正しくできず、全般的に商品関連で失点しました。

後半の工業簿記・原価計算ですが、取り組みやすい原価計算から解きました。

原価計算は、取替投資の正味現在価値を求める問題で、比較的回答しやすい論点でした。

工業簿記は、ロット別生産でロットごとの仕掛品、製品、販売品の流れが掴めれば高得点も狙える問題でした。途中の考え方に誤りが無ければ、受入材料価格差異、損益計算書の部分も含めて得点確保できたはずです。

全般的に、計算が複雑な商業簿記、工業簿記を後回しにして、取り組みやすい会計学原価計算を先に処理したため、前半、後半の各回で最後の方がグダグダにならず対応できました。後半は残り10分で完答し、途中退室しました。

予備校の模範解答を元に自己採点します。